Q&A

索引.png

ライザ.png

一般的なストラップとブレステイキングストラップの違いはなんですか?

ブレステイキングストラップは首にかけるのではなく、肩にのせる構造※となっています。そのため、楽器の重量が両肩、背中の3方向に分散され、楽器を軽く感じ、リラックスした姿勢で演奏ができます。また、フロントバー※を採用することで、首の両サイドを締め付けることなく息を楽に吸うことができます。リラックスした良い姿勢、そして深い呼吸ができることで、音の響きが格段によくなり、テクニカルな要素をコントロールしやすくなります。これらは、細部にわたり素材を吟味し、日本の高い技術を持った職人の技で仕上げることにより実現しています。 ※特許取得


ブレステイキングストラップ【ライザ】と【ライザプレミアム】の違いはなんですか?

ライザプレミアムは、表革にイタリア最高級なめし革を採用し、縫製方法にもさらなる工夫を施しています。これにより、ライザ以上に体へのフィット感が増し、楽器の重量をより軽く感じることができます。その音色の素晴らしさも含め、ライザとの価格の差以上の価値がある製品です。


補助ストラップはなぜゆるゆるでいいの?

息を吸うときに体の動きを妨げないことは、音の響きのためにとても重要です。補助ストラップをきつく締めると体の動きを止めることになり、息を十分に吸えなくなる可能性があります。そのため、補助ストラップは余裕を持ってゆるくして使ってください。ゆるめで十分効果があります。


自分に合うサイズがわかりません。

サイズによって革や紐の長さだけでなく首のカーブ部分の広がり方も変わるため、ご試着の上ご購入いただくことをお勧めしています。基本的にはソプラノからバリトンまで演奏できるよう考慮して製作していますが、楽器の種類(大きさ)には関係なく、体のサイズに合わせて選択してください。前紐の長さが足りない場合はカスタマイズ対応が可能です。(※Q5参照)


サイズ目安.png

【適応サイズ】


女性 男性
Sサイズ 7〜9号 S〜M
Mサイズ 9号大きめ〜11号 M大きめ〜L
Lサイズ 13号〜 L大きめ〜

紐の長さが「長すぎる」「短すぎる(足りない)」場合は、どうすればいいですか?

紐の長さは以下で調節することができます。

[長すぎる場合アジャスター下部分の紐を結んでください。(→前紐を短くする調整方法
短すぎる場合メーカーにて長さ修正が可能です。

・ご購入後…購入店を通じて、修理対応にて承ります。(修理代金がかかります。)
・ご購入前…販売店にてご相談ください。

フロントバーはどの位置にあるのが楽ですか?

フロントバーが上にあるのと下にあるのとでは、肩にかかる荷重の感じが少し違います。基本的にはフロントバーの一番上から5cmほど下げた状態を推奨しています。ただ、演奏時の姿勢や体形によっても荷重のかかる部分が違ってきますので、下、中間、上、とお試しいただいて、一番しっくりくる楽な位置を見つけてください。その時、前紐が長い場合は、Q5の方法で短くすることが可能です。またフロントバーは、一番上にある時はアジャスターの可動範囲が広く、紐の長さは最長となり、フロントバーが一番下にある時はアジャスターの可動範囲は狭く、紐の長さは最短となります。お使いの楽器との関係で調節してください。


新品だと革が少し硬く感じます。

ブレステイキングの革は、使い込むほどに体に馴染み、フィットするようになっていますが、使い始めは革が少し硬く感じられるかもしれません。そのような場合は、両肩にのる革部分のみ手でもむことで柔らかくなり、使い心地が良くなります。(→使い始めの革を柔らかくする方法

フックをナスカンフックに変更する事はできますか?

ナスカンフック(金属、プラスチックとも)は、長期間の使用による磨耗により抜け落ちる恐れがあります。ブレステイキングストラップは、長期間お使いいただくことを想定して製作していますので、あえてナスカンフックを使用しておりません。またフックの材質により音の響きも変わります。ブレステイキングストラップの楽器取り付けフックは、材質を吟味し音の響きのよいものを採用しています。ただ、これまでに多くのナスカンフックご希望の声をお寄せいただいた経緯から、長期間の摩耗に強い特殊なナスカンフックモデル(ライザ プレミアムのみ)を特注にて承ります(新規購入の場合のみ)。楽器落下を懸念される成長期のお子様にも、体を守るために是非お使いいただければと思います。お申し込み、ご購入は販売店へお願いいたします。


フックサイドのゴムは交換できますか?

ブレステイキングではオリジナルゴムを使用しておりますが、市販のヘアゴムで代用いただけます。サイズは異なりますが、ご自身で簡単に交換が可能です。補助ストラップを締め付けてのご使用(=ゴム部分が引っ張られている状態)は、ゴムを破損させる原因となります。ブレステイキングストラップの十分な効果を得るためにも、補助ストラップは常にゆるくしてご使用ください。


ファゴット用とサクソフォン用の違いはなんですか?

ファゴット用は裏側(体に当たる側)に天然スエード革を使用しています。これは、演奏時のストラップのずれや滑りを抑制し、肩の上でしっかりと止まるようにするためです。
また、ファゴット用はフックを2個連結しています。連結してご使用の場合は、楽器の動きが自由になり、音の響きが豊かになります。フック1個のみの場合は、楽器の動きが固定されバランスが取りやすくなります。いずれもお好みでご使用いただけます。

ファゴット用の場合、バランサーはあってもなくても使用できますか?

はい。お使いいただけます。バランサーをお使いの場合は、前紐の長さが長すぎる可能性がありますので、
前紐を結んでちょうどいい長さに調節してください。 ▶前紐を短くする調整方法

Mouthpiece Patches.png

そもそもマウスピースパッチとは何に使うもの?

マウスピース上部の歯があたる部分に貼り、歯の滑り防止と、歯やマウスピースの摩耗を防ぐものです。ブレステイキングのマウスピースパッチは、貼っていることに気づかないほどの薄さと、適度に摩擦を生じる素材を使用することにより、快適な吹奏感と自由な音色のコントロールを実現しています。


なぜ「白」なの?

ブレステイキングの考える機能性を最大限に満たす為、選び抜いた素材にあえて手を加えず製品にしました。


なぜ歯ぐきへの負担を軽減できるの?

非常に滑りにくい素材や、厚みのある柔らかい素材のマウスピースパッチは、歯がぐらつくことによって歯ぐきに負担をかけます。ブレステイキングのマウスピースパッチは、ほどよく歯の滑りを抑制し、クッション性がないことで歯ぐきへの負担を軽減しています。

Non-Slip Suede Kit.png

なぜスエードなの?

様々な素材を試した結果、音色や使い心地が最も優れていたスエードを選択しました。ただし、スエードは表面の毛羽立ちや汚れの付着が生じやすい素材です。十分にご理解いただいた上で、ご使用いただきますようお願いいたします。